消費者金融

消費者金融プロミスを解説【金利、審査、利用するメリット】

世の中にはお金を借りるための機関がいくつもありますが、無保証人・無担保で借りることができるのは限られています。その中でも大手消費者金融となるプロミスは、金融会社のSMBCコンシューマーファイナンスが提供するブランドです。

テレビコマーシャルや雑誌の裏、街中の看板など大々的な露出をすることで認知度も高く、日本で知らない人はいないほど有名になっています。

お金を借りるうえで重要なのは借入利率、いわゆる金利と呼ばれるもので、プロミスは業界でも最低レベルの低さを誇ります。

実質年利は4.5~17.8%となっており、下限金利4.5%はかなりの金額を借りなければ実現不可能な数字のため、初めて借入をする場合は上限金利の17.8%が基本です。とはいえ、一般的な消費者金融では18%がほとんどなのに対し、17.8%は業界でも最安値といっていい数字となっています。わずか0.2%の違いのため、どこで借りても同じなのではと思われるかもしれませんが、高額かつ長期的な借入をすれば後々響いてくる数字です。金利は利息として支払うので業者からすれば当然の支払いとなりますが、借入をする側からすれば余計な出費でもあるので、余分な支払いをしたくないという人なら金利の少ないところを選ぶことになります。

借入の申込みに関しては実に多彩な方法が用意されており、昔ながら郵送や電話での受け付けの他、店頭申込みに自動契約機の利用などがあります。

ですが、最も利用率の高い方法はインターネットからの申込みで、パソコンだけでなくスマートフォンやガラケーにも対応しています。特にスマートフォンへの対応は素晴らしく、入力サポート機能がついたアプリで簡単に申込みができ、必要書類の提出もカメラの撮影で送ることが可能です。

会員ページを開くことで現在の借入残高を見たり、登録情報の変更や支払日の確認などもすぐにできます。インターネットからの申込みは基本的に365日24時間対応で、平日なら審査も最短30分といわれるほど早いのでほとんどの人がこの方法で申込みをします。

申込み条件は20歳以上69歳以下の安定した収入がある人で、正規雇用の会社員はもちろんのこと、定期的に収入を得ることができるのであれば、パートやアルバイト、派遣社員であっても問題ありません。また、年齢が条件をクリアしているのであれば、学生や主婦であっても可能となっています。

審査に必要なのは運転免許証などの本人確認書類で、所持していない人はパスポートや健康保険証プラス他の証明書類一点(例:住民票)でも手続きができます。初回時の借入限度額は50万円まで、これを超えた借入を行うか、他社を利用して利用残高が100万円を超えた場合は給与明細書などの収入証明書の提出が必要になります。

審査は記入された必要事項や提出された書類に不備がないかを確認し、信用情報に問題がなければ基本的に誰でも通過できます。信用情報には各人の金融事故の情報が載せられているので、他社からの借入で滞納などがあればすぐにわかります。

この情報は消費者金融だけでなく金融機関全体で共有されており、たとえば住宅ローンの返済が滞っていた場合でも記録されています。つまり、借金があっても返済が予定通りできていれば問題ありませんし、逆に正しく返済できていなければ信用がなく審査に落ちる可能性が高いということになるのです。

従来のキャッシング・カードローンは専用カードを利用して借入をするものでしたが、インターネット対応になったことで会員ページから指定の銀行口座に直接お金を振り込むことができます。そのため、無理にカードを発行する必要はなく、最近ではカードレスで契約する人も増えてきています。

審査が終了した時点で借入が可能となるため、銀行口座を指定することですぐに振込が行われます。通常は銀行の受付時間に連動しているため15時までに振込依頼をしていないと入金されませんが、ネットバンクを利用した瞬フリを使えば非常に早く振り込まれます。

平日14時までに契約完了していれば、最短10秒ほどで入金可能です。さらに、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスに登録していれば、24時間いつでも最短10秒ほどで入金可能です。

また、返済方法も多彩で、毎月の返済日に指定した銀行口座からの自動引落しができるほか、プロミスのATMからも入金することができます。プロミスのATMは街中のいたるところに設置されていますが、地方で端末がないという人は提携するコンビニATMからの返済も可能です。

提携先なら手数料もかからないので、自分の好きなタイミングで支払うことができるのも特徴と言えるでしょう。

プロミスの最大のメリットは、審査が早く業界でも金利が低いという点です。インターネットからの申込みでWEB完結を利用すれば、時間帯にもよりますが即日融資ができるため、当日でどうしてもお金が必要になった場合に役立ちます。

誰でもお金に余裕を持ちたいところですが、突然の訃報による香典の捻出、公共料金の請求がくるなど、思わぬタイミングで出費を強いられることも少なくありません。そうした状況でもすぐにお金が用意できるのが強みであり、金利も低いことでお金がないという人には心強い味方となってくれます。